2014年02月09日

せんべいの天才は・・・



田舎に行くと 必ず 黒いプラスチックの容器に〝せんべい”が置かれている

近所の人が来た時必ず お茶とその茶菓子をすすめる

お茶は飲んでも茶菓子はその場で食べることをしてはいけない 礼儀である

そんなときは必ず持って帰ってもらう

その時に必ず 一回は丁寧に断る 〝いいんですよ・・・と”

そこで引き下がってはいけない 必ず渡すのが習わし 受け取るのも習わし

今も実家ではそうゆう光景を見ることがある

何十年たっても変わらぬ風景である

これも母親の時代でおわるであろうと思われる


そんな時代に、”せんべい”は変わった

これに”ばかうけ” が加わったらもらってうれしい

せんべいとチーズとアーモンドを組み合わせた人はだれなんだろう?

と食べながら こいつを考えた人は“天才だ”と思ってしまう

のは 私だけではないと思う










上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。