2011年01月30日

肝入り中華丼700円を流し込む ”中華やまと”



久しぶりにサウナにはいり、きょうの昼ごはんを模索しておりました。

昨日の博多とんこつから体がだいぶ回復してきたので

今日は、定番の肝入り中華丼。

やはり早い、新聞を広げて昨夜のサッカーの結果のない

スポーツ紙をみながらの食事。

流し込むと言ったほうが正解だろうが、やはり”これはおいしい”

熟練してオヤジさんと奥さんのコンビに敬意を払いながら

満席のやまとで気持ち良く食事をいただく。

いつもご馳走様でした。

昨夜のトマト鍋、”おいしい”という一言が励みです。

また”行きましょう”どこまでも楽しく

ありがとうございました。


同じカテゴリー(つくば飲食事情)の記事画像
親子丼と小うどん
たまに クーロンヌで朝食を
最後の最後 竹園2丁目の中華そば
つくばオイスターバー
空心菜の炒め
近くの珍来
同じカテゴリー(つくば飲食事情)の記事
 親子丼と小うどん (2014-11-18 06:54)
 たまに クーロンヌで朝食を (2014-11-01 10:03)
 最後の最後 竹園2丁目の中華そば (2014-10-31 09:44)
 つくばオイスターバー (2014-08-12 09:17)
 空心菜の炒め (2014-07-09 11:02)
 近くの珍来 (2014-06-22 06:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。