2011年01月10日

のり弁をねつ弁! 全日本のりべん協会



誰かに弁当をたのむとき、悩んだ末に ”のりべん”

自分でいろいろな弁当から、10分ぐらい眺めておいて選ぶのは、”のりべん”

ちょっと足りないぐらいの量で、ついでいカップヌードルをつけられるんのも ”のりべん”

揚げの唐揚げ、天ぷらのちくわ、焼きのシャケ、卵、煮物のきんぴら。いわば面倒なものが

一杯ある弁当は”のりべん”

子供の時の弁当ご飯に海苔と醤油がかかっていて嬉っかた記憶のある世代であります。

ご飯の中の梅干しから、一歩進化した弁当。”のりたま”は女性的なのに対して

海苔は男性的であった。(偏見だろうと思いますが)

何を言いたいかというと、今の食生活の基本は、子供の時にできているのだと実感しました。

だから、子供に何を食べさせるかは大事なことなのかもしれませんね。  


Posted by ぶー長 at 14:37Comments(3)たわごと